お金を貯める コツ

お金が貯まる場面とは?

 

将来、私たちはお金に困らない時が来るのでしょうか? 

 

そんな疑問が浮かびます。消費税率が上がっていくのに、賃金は特に上がっている訳ではないし、
逆に厳しくなっている状況です。また、ボーナスって、無いの? くらいのものです。
さらに、今支払っている年金も将来的に受給できるの? なんて、疑問も浮かびます。
こうしたお金についての不安は何となく、消えることなく、付きまとっているのではないかと思います。
私は、そうした一人です。

 

そして、困ったことに、私は性格的にはお金が貯まらない浪費家なので、持っているお金は使ってしまうような正確だったのです。
今でもそうした性格はそれほど変わってはいないと思うのですが、しかし、それでも毎日、あるいは毎月節約するように頑張っているのです。
とはいっても、お金を稼いでは使ってしまって、お金をコツコツ貯めては使ってしまう浪費家なのですが…。

 

さて、お金を貯めるには、やはりコツがあるのです。コツというか、基本的なところです。
生活の基本です。きっとお金が貯まらない人、お金が手元に残らない人というのは、生活の基本的なところができていないのではないかと思うのです。
例えば、毎日外食をしてしまっていたり、コンビニエンスストアで菓子パンやお菓子をざくざくと買ってしまったりという人です。
あるいは、毎月高額な洋服をローンで買ってしまっていたり、毎日飲み会ばかりしていたりといったむちゃくちゃな生活をしている人です。
私はこの年齢(40歳を過ぎて)で、やっとわかってきたのですが、「生活」というのは、きっと質素で、何気ないものなんだということです。
淡々としたことというのでしょうか。毎日、当たり前の食パンと目玉焼き、ベーコン、少しの野菜を食べて、弁当を作って…、というようなことです。
まさに、それの毎日なのですね。

 

もちろん、うきうきするような時間や瞬間もあるのだけれど、生活の根底にあるのは、そうした「変わりが無い毎日なんだな」と思うのです。
私が思うに、きっとお金を貯めるコツというのは、そうした面の生活にあるのだろうと思うのです。
お金を使う時(お金を使う場面)ではお金を使い、普段の何気ない生活ではお金を基本的に使わない生活である、ということです。
ここではいくつかのお金が貯まるコツをご紹介していますので、お金が貯まらない人は参考にして頂けると幸いです。